認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

自分の認知症は自分でわかるのか

自分の認知症は自分でわかるのか

山田元子さん(仮名 83歳 医師)は、妹さんを付き添って来院。

 MRIの結果をパソコンで映しだしています。

  元子さん 「先生、いかがなもんでしょう、私」

  私 「やはり、MRI上で側頭葉の内側が少し痩せているように見えます」

  元子さん 「やはり、そうですか」

 「長谷川式」などで有名な、記憶や注意の検査、すなわち神経心理検査の結果をみます。「改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)」と「ミニメンタルステート検査(MMSE)」は26点、27点でほぼ問題はありません。

そのため、一歩踏み込んで、複雑な「ウエクスラー記憶検査(Wecheler Memory Scale-Reviced、WMSR)」検査を実施。すると、遅延再生の項目で明瞭な失点がありました。

つまり、記憶するのが苦手になっている。

  私 「先日、やや複雑な検査をお付き合いいただきました」

  元子さん 「ああ、あの検査ねぇ。しんどかった」

  私 「申し訳ありません」

  元子さん 「いいの。わかっているから」

  私 「すいません」

 ふと、謝り癖がついてしまっている私。

  私 「この、遅延再生に障害があります。つまり記憶しづらい、ということです」

  元子さん 「なるほどね。そうだと思っていました」

  妹さん 「そうよね。お姉さん、最近すぐに、忘れるものね」

  元子さん 「だから気になるの」

  私 「病名につきましては、世間の評判を無視して聞いてください」

  私 「アルツハイマー型認知症です」

  元子さん 「まあ、ね。この年でそうなるとは思わなかった」

  私 「すいません」

 また謝ってしまった。

  私 「メモをきちんととることでかなり乗り越えられる部分も多いかと」

  妹さん 「いえ。もう家じゅう。メモだらけ」

  私 「あっ、すいません」

 今日はよく謝る。

 それから、認知症の薬の効果を説明。

認知症は薬を飲んでも進む。飲まない場合と比べてその低下のスピードを遅らせること。

効果の程度をADAS(アルツハイマー病評価スケール)という検査で半年ごとに測ってお知らせし、その都度、薬の量の加減を相談すること。出現する可能性の高い副作用。

副作用が出た場合の対処。
うちのクリニックから電話をする旨。

薬を飲むか飲まないかはご自身で決めること。などなど。

元子さん 「私はその薬を飲みたいと思います」

 この話。典型的には、アルツハイマー型認知症などの、遅延再生障害(記憶しづらさ)が前景にある状態の認知症についてです。ややこしいのですが、それ以外の認知症の姿もあります。有名なのは、幻視つまり幻です。あと自律神経障害、歩行困難などなど。ちなみに、自分の幻視について、「これは幻視」と明瞭に認識できる人もいます。逆にその幻視を幻視として受け入れることができない人もいます。話がこみ入るのでここでは割愛。遅延再生障害の話に絞ります。

 ところで、人は「ない記憶」を振り返ることができません。つまり、遅延再生障害そのものを直接認識することができない、ということです。この話は重箱の隅の話ではありません。遅延再生障害とは認知症のメインの状態です。ただし元子さんの今の状況では、いったん記憶できれば、あとは問題ありません。通常通りそれを引き出せます。

 それでは、今回のテーマ。「自分に遅延再生障害がある」とどのように認識ができるのか。粗っぽい表現ですが、わかりやすく「自分が認知症である」ことをどのように認識できるのか、という話です。

 このシリーズの根底には、「自分ごととしての認知症」という視点があります。この視点においては、いかなる認識であっても「自分の認知症」を自覚する必要があります。それがないと「自分ごととしての認知症」として捉えることができない。「認知症とともに生きる」と自分から言えなくなってしまう。そもそも自らが一人で医療機関に受診することすらできない。

 要は「自分ごととしての認知症」という世界観においては、自分の認知症を自覚することが求められる、ということです。裏返して言えば、あらゆる認識においても認知症を自覚できなければ「自分ごととしての認知症」について語れない、ということです。

 元子さんの場合は、自らの認知症については明らかに自覚しています。だから受診に結びつきました。

 さて、その自覚の仕方ですが、遅延再生障害は直接、自覚できません。ですから、もしかして、妹さんの「すぐに忘れるからね」といった指摘から始まったのかも知れません。

その指摘は記憶している。そういう「自分の認知症」の認識が元子さんにあったのかもしれません。ただし、周りから、「えっ、さっき言ったでしょ」とか「また、忘れたの」としょっちゅう言われるのは、本人にはとてもつらい体験です。

 あるいは別の認識の仕方かもしれません。妹さんの話によると、元子さんの部屋はすでにメモだらけ、ということでした。ということは、もしかして妹さんからの指摘ではない。

自分自身で自分の状態を認識したのかも。たとえば、開けたつもりがない金庫の鍵が開いている。しかも、この家には数日、自分一人しかいない。

そこははっきりと認識できる。となれば開けたのは自分しかない。

しかもそれを全く覚えていない。

そういう認識の仕方です。うちのクリニックに一人で受診される人々に多いパターンだと思っています。独居の人が多い。なぜなら「えっ。また!」と指摘する相手がいません。

 遅延再生障害は振り返ることができないので、直接それを認識できない。しかし、人に指摘されたり、自分の行動のうち記憶している断片を積み上げたりすれば合理的に推定ができる、ということです。

 時々、認知症関連の書籍や海外の論文にこんな表現があります。「自分で認知症である、というのは認知症ではない」とか「認知症になれば、自分が認知症であることがわからなくなる」とか。あるいは私の診察室でも、「先生。夫は認知症であることをまったくわかっていないです。本当に困るんです」と本人と一緒に座っている家族が嘆き訴える人もいます。本人は思わず「俺はぼけてなんかいない!」と言う。

 家族や周囲の人にとっては「認知症であることがわかっていない」ことは、日常生活での本人の言動を見て自然にそう思えたのかもしれません。しかしここで立ち止まって考えなければならないことがあります。「認知症であることをまったくわかっていない」と、決めつけられたほうの気持ちです。本人に尋ねればすぐにわかります。たいてい憤りと悲哀を感じています。

 仮に百歩譲って、本人が認知症をわかっていないとしても。「俺はぼけてなんかいない!」「こんなとこ、来たくてきたわけじゃない。帰る!」。このセリフ。認知症医療の医師であれば、何度も言われているはず。

「連れられてくる人々」の診察風景ではそれほど、よくある話です。だからといって安易に「認知症であることをまったくわかっていない」と決めつけることには問題がある、と思います。

 周りの人が、「この人、まったく自分が認知症であることはわかっていないんです」と嘆く。

それに対して本人は「俺はぼけてなんかいない!」と強い主張がある。ということは、すでにこのやりとり、不自然ですよね。

 その不自然さが示しているのは、自分の認知症についての認識があるから、だと思うのです。

ただし「ふつう」の認識の仕方ではないかもしれません。「あなたは認知症」と言われた本人にとって「それは不本意である」、そう本人が思っていたら。

認知症とは何もできなくなる絶望の病気」「認知症。お世話の対象」と周囲のみならず本人もそう思っていれば、「自分が認知症である」と受け入れることは不本意なことでしょう。そのことを加味すれば、もしかしてこの認識の仕方。
「俺はぼけてなんかいない!」というセリフ。
逆に「ふつう」に思えてきませんか。

こんな話もあります。「俺はぼけてなんかない」と大見得を切っていた人も、うちのスタッフとの相性がよかったのか、うまいこと検査に応じてくれる時もあります。やはり認知機能が明らかに低下している。ご本人に検査結果を説明。本人は神妙に聞き入る。

 私から、「……ということです。ところで、本当はご自分のことはうすうす気づいていたのではないですか」と聞く。

 静かに本人がうなずく。ときに、本人が言うには、「私の我慢が足らず、妻に手をあげるなんて。自分がとても嫌になります」とも。本人の深い思いを聞いてしまうと、こっちも胸が痛くなる。

医学的には、 概おおむ ね通常の理解力や判断力が備わっているのにもかかわらず、「自分が~であることがわからない」ことを「失認」と言います。ただし通常の理解力や判断力がなければ、たとえそうであっても失認とは言えません。たとえば「アントン失認(目が見えないのに、見えると主張する)」、「痛覚失認(痛さがわからない)」、「ゲルストマン症候群(字が書けない、計算できない、どの指かがわからない、左右がわからない)」が失認の事例としてよく取り上げられます。

 今回の話。認知症になると「自らが認知症であることがわからない」といった特別な失認があるのかどうかという問題です。医学の教科書や家族としての体験談には「認知症になると認知症であることがわからない」などと書いてあるかもしれないのですが、私は、それは「ない」としたほうが良いように思うのです。しかも私は逆に「誰よりも先に本人が、認知症であることに気づく」とも思っています。みなさんはどう思われますか。

 今は、世間の認知症のイメージは実際の姿よりも劣悪だと思います。認知症を完全に治す手立てはない。完全に予防する手立てもない。このことは明白です。

 しかし、様々な紙面に、ことあるごとに「認知症予防」の文字が活字になって躍っています。効果があるかないかは、私はよくわかりません。ただはっきりしているのは、そのことが世間において認知症を「なりたくない病気」にする効果は絶大です。今日の診療でも。家族のみが外来に来られました。「夫には、(夫が)認知症であることを伝えないでほしい」と言われました。認知症を本人に知らせることすら、忌み嫌われています。

 しかし、誰もが近い将来、認知症になるだろうし、多くの読者は既に認知症かもしれないのです。そういう時代に我々は生きています。世の中が一刻も早く「自分ごとの認知症」として捉える必要があります。

 ちょっとした思考実験。

「自分が認知症と本当は思っている」のに表面的にはそう見えないので、周りの人々は「本人は認知症であることをわかっていない」と思っている。

逆に、「自分が認知症であるとは心底思っていない」のにもかかわらず、周りの人々は「本当は、本人は認知症であると思っているんだ」と思っている。
 
同じ勘違いでも、どちらが人としての痛みが小さいでしょうか。

 考えればわかるのですが。診療の場面では、1の場合には、必然的にもうひとり付き添いがいます。しかも本人との話と付き添いの人との話は同じではない。

ときには本人が検査している間に、付き添いの人とそっと本当の話を話しているんだな、と容易に想像できます。

 しかし、「自分ごとの認知症」においてこの1は最悪のシナリオです。肝心の本人が蚊帳の外だからです。医療の原則とは、「医療を受ける側にメリットがある」、ということだと思うのです。そして、それが認知症の場合、本人のメリットである必要がある、と思うのです。

 ただ、認知症医療の現場ではそんなきれいごとばかりではありません。薬で扱いやすい人に変えてしまうことが目的の医療になってしまうこともある。その際の医療の受益者はそう訴える介護者です。つまり介護者優先の医療そのものです。私も時に介護者優先の医療をしてしまうこともあります。だから偉そうには言えません。

 自戒の念を込めて言いますが、しかしそれは決して良い医療ではありません。だから、同じ判断ミスであっても、はるかに2の過ちの方が、人としての痛みは小さいと考えます。つまりたとえ医学の教科書や海外の論文に書いてあっても、「認知症になると、自分が認知症であることがわからなくなる」と思わない方が良い、と思うのです。

 今、「一人で受診する認知症の人々」が増えてきています。そういう時代であればなおさらです。ゆめゆめ1のような判断ミスを起こさないように。みんなとともに力を合わせて「自分ごとの認知症」にふさわしい医療を獲得しましょう。

自らの認知症が気になったら、ぜひ遠慮せず医療機関を受診してください。そして認知症について、正直なあなたの思いを医師に伝えてください。きっと、医師は真剣に向き合ってお話を聞いてくれると思います。

 「認知症が気になって一人で受診する人々」は全国的にはまだ少ないと思います。私も含めて医師は、あなたの話を糧に、より認知症の本人にとってふさわしい豊かな医療を築き上げていくと思います。

これからの時代。認知症とともに豊かに暮らす人々との出会いを当たり前にする必要があります。そのために、あなたの力が必要です。私もその一員として力を尽くしたいと思います。

(出典元:https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160808-OYTET50064/

コメント


認証コード1456

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional