認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

唐辛子が認知症と糖尿病に及ぼす効果とは?韓国の研究班の報告

唐辛子が認知症と糖尿病に及ぼす効果とは?韓国の研究班の報告

アルツハイマー病の治療は確立されておらず、治療法とともに予防法が模索されています。韓国などの研究班が、実験的にアルツハイマー病を誘発したラットに唐辛子の抽出物を食べさせたところ、記憶能力の低下が少なくなったことを報告しました。

アルツハイマー病ラットに唐辛子抽出物

研究班は、糖尿病ラットの脳に、アルツハイマー病の発症に関係すると考えられている「βアミロイド(25-35)」を注入して、アルツハイマー病のモデルとしました。βアミロイドが脳に沈着することが、アルツハイマー病発症時の特徴とされています。対照として、βアミロイド(25-35)と構造が違い、脳に沈着しない「βアミロイド(35-25)」を与えたマウスを用意しました。

アルツハイマー病ラットは4群に分けられ、脂肪を多くしたエサに混ぜてそれぞれ辛味が弱い唐辛子の抽出物、辛味が中程度の唐辛子の抽出物、辛味が強い唐辛子の抽出物、デキストリン(対照)を食べさせられました。

◆記憶能力テストに影響

辛味が中程度または強い唐辛子の抽出物を食べたラットでは、脳にβアミロイドの沈着が少なく、記憶能力を調べるテストの成績悪化が少なくなっていました。

また、唐辛子の抽出物を食べたラットでは、食後の血糖値の異常な上昇が少なくなっていました。

研究班は「これらの結果は、唐辛子の消費が年齢に関連する記憶障害を予防するために有効な介入となりうることを示唆する」と結論しています。

唐辛子は韓国だけでなく日本でも身近な食材です。動物実験の結果が人間に当てはまるかどうかはわかりませんが、今後の研究で何かの効果が示されることがあれば、食事の参考になるかもしれません。

◆参照文献

Red peppers with moderate and severe pungency prevent the memory deficit and hepatic insulin resistance in diabetic rats with Alzheimer's disease.

Nutr Metab (Lond). 2015 Mar 8

コメント


認証コード0262

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional