認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

緑茶+運動でアルツハイマー病の予防や治療に。米マウス実験

緑茶+運動でアルツハイマー病の予防や治療に。米マウス実験

緑茶に含まれるカテキンについては、これまでにも抗がん作用など、数々の健康効果が報告されているが、米ミズーリ大学のマウスを用いた研究により、カテキンを摂取したうえで運動をすると、アルツハイマーの症状が改善させることが分かった。

画像の説明

脳内にたんぱく質が蓄積

アルツハイマー病患者の脳内ではアミロイドβペプチドが凝集・蓄積し、アミロイド斑が形成されている。

最近の研究で、アミロイドβペプチドの蓄積による慢性炎症が病気の発症に関係していることが分かっており、食物性抗酸化物質に病気の発症リスクを下げる効果があるのではないかと考えられているそうだ。

そこで研究チームは、アルツハイマーの状態にしたマウスを用い、緑茶に含まれるカテキンの一種、没食子酸エピガロカテキン(EGCG)と、運動を合わせた場合の効果を検証することにした。

迷路と巣作りを上手にこなせるか?

まず、研究チームは実験開始時の記憶能力と認知機能を調べるため、マウスに迷路を走らせる実験と、巣作りをさせる(箱と素材を用意し、巣を作らせる)実験を行った。

巣作り実験の場合、アルツハイマーの状態にあるマウスは、形がいびつで安定感に欠ける巣を作っており、巣作りそのものに関心がなくなっていたり、巣の作り方をすっかり忘れていたりするケースも見られたそうだ。

EGCGと運動で機能が大幅アップ

その後、マウスの飲み水にEGCGを混ぜて飲ませ、回し車で運動をするように促すことを4カ月続けた。そして迷路と巣作り実験を再び行ったところ、いずれの実験でも成績が大幅にアップし、記憶能力と認知機能が改善されていることが確認された。

脳内のアミロイドβペプチドが減少

さらに、マウスの脳組織を調べたところ、アミロイドβペプチドの蓄積レベルが下がっていることも確認された。

今回はマウスによる実験だったが、研究を率いたGrace Sun名誉教授は「今後の研究により、EGCGは人間のアルツハイマー病の治療や予防に進歩をもたらす可能性がある」と述べている。

ミズーリ大学の研究結果は『Journal of Alzheimer’s Disease』に発表された。

・出典元:Beneficial effects of dietary EGCG and voluntary e - NCBI

コメント


認証コード3768

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional