認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

飲食

コーヒー・緑茶、カレー

最近では、わコーヒーは胃腸だけでなく脳の健康にも良いという情報があります。


2009年に医学雑誌には、
「コーヒーをよく飲む習慣を中年期に身につけた人は認知症になりにくい」と発表されたのです。


この研究によると、中年の頃から1日3杯から5杯のコーヒーを飲んでいた人は、
熟年期に認知症になる危険性が65%も減少したことを認めました。


この研究では、コーヒーの対照として紅茶の効果も調べられましたが、
「紅茶はボケ予防効果なし」という結論でした。


ですが、イギリスの調査では、紅茶を多く飲むほど、
ボケ予防効果ぎ高まるという結果報告されています。


東北大学から、「緑茶をのむとボケない」という研究報告があります。


仙台市の郊外に住む70歳以上の1000人近くを対象として、
嗜好飲料とにんの発症の因果関係を研究しています。


研究対象になった方たちは、にんちきのうの試験を受け、
また緑茶等の飲料をどの程度の頻度で飲んでいるかのアンケートを申告しました。


その結果は、1日2杯以上とりょを飲む人たちは、
1週間に3杯以下しか飲まない人たちにくらべて、
認知機能低下のリスクが0.46と半減するというものでした。


この研究では、コーヒー、紅茶、ウーロン茶では、
緑茶のようなボケ予防効果は認められなかったと結論づけています。


その他では、カレーをたくさん食べるインド人は、
アメリカ人に比べて認知症になる危険が3分の1であるという報告もあります。


さらに、シンガポール人の研究でら、カレーを全くたべない人は、
よく食べる人に比べて、認知症になる危険が2倍になるという研究もあります。


研究では、カレーの黄色の素となるターメリックに含まれている
クルクミンというスパイスが認知症を予防しているのではないかと考えられているようです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional