認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

道に迷ったり、部屋を間違える

道に迷ったり、部屋を間違える



自分がどこにいるのか、この建物や部屋はどこか、
空間と空間のずれが起こることにより、 迷子や部屋の間違え、目的地にたどり着けないという症状になっていきます。


近年では、認知症の人が迷子になって、
行方不明や死亡者となる人が年間1,000名ほどに上っているという報告もあります。


自宅近辺の路地のゴミ箱のそばでうずくまるように亡くなっていたり、
交通事故で亡くなった例もあります。


おばあさんが出かけて、8年間胸を痛めながら帰りを待っているおじいさんもいるという悲しい話も聞きます。


衣類の内側に住所や氏名などを記載したものを縫いつけたり、
ポケットに入れたりするのも一つの手です。


徘徊センサーを装着し、どこにいるかの確認をするシステムを使うこともできます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional