認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

認知症の特徴

進行していくのが認知症の特徴

老化によるもの忘れの場合、些細なもの忘れはあっても思考力や判断力には影響がなく、
時間や場所の感覚はしっかりと残っています。

「そういえば、今日は何曜日だったかな」 というもの忘れはあっても、
今が何月なのか季節は何かといった
基本的な時間感覚が失われてしまうことはないのです。

認知症の場合、些細なもの忘れに思えても、
次第に進行していきます。

人や物の名前にとどまらず、
一般常識のように蓄積された知識も失われていきます。

季節や時間の感覚、自分の年齢などもわからなくなってしまい、
日常生活に支障をきたすようになるのが特徴です。

ただのもの忘れであれば、あまり進行せず、
日常生活に支障が出ることはありません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional