認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

目的意識

目的意識が高いと病気になりにくい

「人生の目的意識が高い人は病気になりにくい」という研究結果があります。

この「人生の目的意識」とはいったい何なんでしょうか。

作家や職人のように、一生涯をかけて追い求める持続的な目標・テーマを持っている人であれば問題ないでしようが、普通の人の場合は、急に「人生の目的意識を持ちなさい」と言われても、いったいどうすればいいの? と思うものです。

簡単に、人生の目的意識を高めるコツは、今までやったことのないことを、勇気をもって、やってみることです。

私たちは、ます行動を起こすことによって、意欲・意識を操ることができます。

つまり、「一度やってみて考えよう」でいいのです。

今まで未経験の趣味に積極的に参加してみましょう。

頭で考えてもなかなか実行できないのが私たちの脳です。

まずは行動してみるのです。

苦手意識を持たず、やってみて考えればよいのです。

やっていくうちに少しずつ楽しくなっていくかもしれません。

パソコンを始めてブログで日誌をつけておくのもよいかもしれません。

エアロビクス、ヨガ、アロハ、水泳教室、など近くでやっているかもしれません。

または、区や市の広報誌で告知されています。

それでも近くにない場合には、通信講座で、筆ペン、水彩画、などに挑戦してみるのもよいでしょう。

そこで行動を起こせば大抵は面白くなってきます。

通いごとであれば、次第に「行かずにはいられない」「行かないと気持ち悪 い」と思うようになり、やがて生活習慣に なってきます。

そうなればしめたもの、健康 一直線になれます!

人間は、どんな小さな目標であっても、思い通りに達成された場合には至福を味わえるのです。

例えば、買い物リストを書いて、リストに書いた物を全て買えただけでも十分に達成感があります。

自分の意識を変えるためには、まずは小さな行動を起こすことです。

「意欲」と「行動」と「達成感」の三つのサイクルが回ると、どこまでも向上できるのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional