認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

水の出しっ放しや、ガス等の消し忘れ

水の出しっ放しや、ガス等の消し忘れ



これは女性に多い症状といえます。


これからは違うかもしれませんが、いままでは女性が家事を担っていることが多く、大きな役割になっていたからです。


認知症になっても、その役割を果たそうとする気持ちは残ります。


そのために以前と同じようにできなくなっていたとしても、台所に立とうとします。


でも、 認知症の人は同時に2つのことをすることができません。


その結果、 水を出しっばなしにしたり、ガスを消し忘れて鍋を焦がしてしまうことになります。


このような状態が起きてくると、普通は「危ないからもうガスを使わないでください」と言われて家事を担うという役割から遠ざけられてしまいます。


あれもダメこれもダメと言われ、することがなくなっていってしまいます。


どの家族にもできることではありませんが、理想的にいえば、できることはやってもらう、つまりできる役割は担ってもらったほうが病気に対しては好ましい効果をもたらします。


日中独居で家族が見守りをすることができなければ介護保険のサービスを利用することも考えましよう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional