認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

早期発見が早期治療となる

早期発見が早期治療となる

認知症は、かつては「痴呆」と呼ばれており、
発症したら最後、打つ手がないと思われていました。

しかし実際には早期発見、早期治療が大切な病気です。

早期に適切な治療を始めれば、進行を遅らせることも、
症状を改善させることもできるのです。

認知症は、ある日突然と発症するのではなく、徐々に進行する病気です。

そのため家族や本人が「なにかおかしい」と小さな異変を感じても
「まさか」という思いから、ついついサインを見逃してしまいがちなのです。

また、認知症を詳しく知らないため、
心配な症状だと気づかないことも多いのです。

「年のせいかな?」と思っていて、「おかしい!」と感じ、
病院に連れて行った時には既に進行している場合があります。

ですので、初期症状を見逃している間に、
認知症は人知れず進行していることが少なくありません。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional