認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

同じ物を続けて買ってくる

同じ物を続けて買ってくる



認知症の初期にみられやすい症状です。


このような変化で認知症に気づかれることもあります。


多少のことであれば、誰にでもあることかもしれませんが、いままではそういうことがなかったにもかかわらす、最近目立つようであれば、ためらわず医療機関を受診してください。


この症状は日用品の買い物でみられることが多く、小遣い程度の金額であれば、あまり実害はないかもしれません。


また、冷蔵庫に賞味期限が過ぎたものがいっばい残っている場合でも同じです。


この場合は、介護者が気づいても、そのことは特に指摘をしないで、
なにげなく始末しておくようにしましょう。


一方では、 高額な場合もあります。


健康器具や羽根布団などがその例です。


昼間一人でいる時に悪質な訪問販売に騙されることがあるからです。


時々は銀行の通帳とか契約書の有無に気をつけましよう。


不審な契約書があったりした時には、その地域の消費者センターに相談しましよう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional