認知症を予防したい方、認知症患者さん、介護者のためのサイトです。

「認知症 外来」腸から改善することで認知症の予防と対策できる!その方法を紹介

体験そのものを忘れてしまう

体験そのものを忘れてしまうのが認知症

「顔見知りの人の名前が出てこない」

「朝食べたものが思い出せない」

というのは、よくある物忘れです。

ちっとしたヒントを言われれば思い出せることが多く、
そもそも忘れてしまっている自覚があります。

こうした物忘れは誰にもあることで心配はないことです。

一方、認知症は記億障害なので、

「顔見知りであること自体を忘れてしまう」

「朝食を食べたことを覚えていない」

といいったように
体験そのものか抜け落ちてしまう物忘れはです。

ヒントがあっても思い出せず、
そもそも忘れてしまっている自覚がありません。

しかし、初期のうちであれば
自分が忘れっぽくなっているということが分かり
自分の状態を感じることができます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional